薬膳の考え方&取り入れ方~家庭で始める薬膳のある暮らし~

食卓豆知識

「薬膳」をご存じですか? なんとなく「体にやさしい料理」と認識している人もいるかもしれませんね。薬膳は特別な料理ではありません。家庭でも取り入れられる身近な存在です。今回は、薬膳の考え方とともに、家庭で取り入れる方法をご紹介します。

健康を維持し、病気を予防する「薬膳」

薬膳学(中医営養薬膳学の略)は、中医学(中国伝統医薬学の略)に含まれる学問。健康の維持・増進、病気の予防・治療・回復などを目指します。中国で築かれた中医学は、世界伝統医学として日本に伝えられました。「東洋医学」「漢方医学」と呼ぶのを聞いたことがあるのではないでしょうか?

薬膳が一般の料理と異なるのは「健康を維持し、病気を予防する目的をもっていること」です。長い歴史の中で、自然物質から薬効のある植物や動物、鉱物を見つけ出し活用してきました。

薬膳学の考え方

中医学の基本概念を説明するには、陰陽学説や五行学説などに触れなければなりません。しかし、今回は中医学の中から「薬膳」にポイントを絞って話を進めさせてくださいね。

健康維持・予防を重要視

中医学・薬膳学の目指しているのは健康と長寿。治療よりも予防を重要と考えています。そのために、普段の生活から自らの体調を管理して病気にならない努力をすることが大切です。もし、病気になったら早期発見・早期治療して悪化を防ぎます。

献立を考える前に弁証が必要

「弁証」とは診断することを意味します。中医学の言葉を用いれば「表証・裏証」「寒証・熱証」「虚証・実証」「陰証・陽証」の8種類の証候にまとめて弁証します。薬膳では、症状を診断して、それに応じて献立を考えます。年齢、性別、体質、症状などによる診断が、食材や中薬を選択するときの原則になるのです。

さまざまな食材を使用し偏食を防ぐ

偏食にならないように、多様な食材をいろいろな方法で調理します。季節の食材や地域の食材を使用するのもいいでしょう。日ごろから食材の性質や味に興味を持って触れるようにしてください。

性質と味を活かす

食材や中薬は、それぞれ性質や味が異なります。中医学では「五気の性質(寒性・涼性・温性・熱性・平性)」と「六味(酸味・苦味・甘味・辛味・鹹味)」に分けて考えます。体を温めたり冷やしたり、食材の性質や味を活かすのが薬膳学なのです。

「美味しく楽しく」を忘れずに

薬膳学の目的は健康と長寿であり、健康維持・予防を重要視しています。しかし、見た目の楽しさや食べたときの美味しさがないものを薬膳とは言えません。飲むだけでいい薬とは違うのです。選んだ食材や中薬をどのように調理するか。見た目、香り、美味しさ……適切な調理方法の見極めも大切でしょう。

中医学を学ばないと薬膳料理は作れない?

薬膳学の考え方には、歴史の長い中医学の概念に加えて食材の知識が必要不可欠です。しかし、家庭で取り入れる場合は少し肩の力を抜いて考えてみましょう。もしかしたら、既にあなたの家庭で薬膳が並んでいるかもしれません。

なぜなら、かつては伝統的な概念のもとに、中薬を使用して作られた病気を治すための料理を薬膳と呼びましたが、現在は中薬を使用しなくても問題ないからです。健康維持や病気予防などの作用があるすべての料理を薬膳とみなします。薬膳を示す料理の範囲は思いのほか広いのです。

「高血圧だから」「血糖値が気になるから」「便秘解消したいから」などの体質改善を目指して献立を考えたことはありませんか? もしあるなら、あなたは気づかないうちに薬膳を作っていたと言えます。

もっと気楽に薬膳のある暮らしを

薬膳学を丁寧に学びたいなら、中医学の基本概念や中薬の知識は勉強すべきでしょう。でも、家庭で取り入れるだけなら、自分や家族の体質改善や病気予防を願う気持ちがあれば十分です。健やかな暮らしを目指すために食材を選ぶ。その行動が薬膳学の第一歩です。

◆「薬膳」の記事をもっと読む>>

食暮では、薬膳学や植物療法を軸に体質改善を目指したレシピを掲載しています。美味しいことはもちろん、できるだけ手軽に作られることを大切にしています。薬膳で食を楽しみながら体質改善を始めませんか? ぜひ当サイトのレシピをご覧くださいね。

注目レシピ


準備中

準備中

準備中

◆ほかのレシピを探す>>

書籍情報

南條 祐弥

112 views

薬膳コーディネーター、食生活アドバイザー。 食や健康に関する知識を活かし、フリーランスライターとしてWebサイトから書籍まで多岐に渡る媒体で執筆に励む。企画...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。