古き良き日本の文化「手ぬぐい」を現代の暮らしに活用する3つの理由

「手ぬぐい」は古風なイメージがある。もらっても使いこなせない。手ぬぐいよりもタオルが便利……そう思っているあなたにこそ、手ぬぐいの魅力を知ってほしい。今回は、手ぬぐいの歴史とともに、手ぬぐいを活用する3つの理由をご紹介します。

手ぬぐいの歴史は、日本の織物の歴史

手ぬぐいは、汗や拭いたり顔や体を洗ったりするための木綿の平織りの布のことです。その歴史は古く、手ぬぐいの歴史は「日本の織物の歴史」ともいえるくらいです。

平安時代、手ぬぐいは神事の際の装身具として使われていました。でも、貴重品である布が庶民にはなかなか広まらず、鎌倉時代になって少しずつ普及。江戸時代になると、綿の栽培が各地で行われるようになったので、手ぬぐいが生活品として定着しました。

江戸時代では、入浴、おしめ、包帯といった実用面だけでなく、オシャレや粋を演出する小道具としても大活躍! 巾着などの小物入れにして肩にかけたり、マフラーのように首に巻いたりして個性を表していました。手ぬぐいは、水気をふき取る以外にも使い方次第で可能性が広がるアイテムとして、当時から愛されていたのです。

タオルではなく、手ぬぐいを選ぶ3つの理由

現代では、タオルを活用されている人が多いでしょう。でも、タオルと手ぬぐいは、どちらも綿製品という共通点がある近しい存在ともいえます。それなのに、わが家は「タオル派」と思っている人、手ぬぐいの良さを知らずにタオルを選んでいませんか?

タオルよりも乾燥しやすく衛生的

「手ぬぐい派」たちなかには、「衛生的だから手ぬぐいを使い始めた」という人は少なくありません。100円均一などの商品は別として、手ぬぐいは原則切りっぱなしで、縁に縫い目がありません。

縫い目がないので、縫製されている部分に水分が溜まることなく素早く乾燥できるのです。干したときに、水気が流れるように落ちていきます。水分を含んでいる状態が長いと雑菌が増えますが、手ぬぐいなら雑菌の繁殖を抑えられて衛生的! 洗ったあとに臭いが発生しにくく快適に使えます。

使えば使うほど手になじむ使用感

使い始めのタオルのフワフワ感に対するトキメキは格別です。でも、洗濯を繰り返すとゴワゴワしてきたり、弾力が失われたりして貧相に見えることも。一方、手ぬぐいは使うほどに味が出てきます。風合いが増して、生地が柔らかくやさしい肌触りに。手馴染みがいいので触って心地いいし、自分が育てたような気分になって愛着も増すんです。

しかも、分厚いタオルとは違い、手ぬぐいは薄手。洗濯でもかさばらず、収納スペースも小さくて大丈夫です。こまめに洗いたい人にとって、うれしいメリット。さらに、手ぬぐいは切りっぱなしなので、好きな大きさに割くことができます。必要なサイズだけをコンパクトに使うことができます。

工芸品と呼ばれるほどのデザイン性の高さ

近年、手ぬぐいはインテリアとしても注目されています。壁掛け用のアイテムも販売されているほか、手ぬぐいを使った雑貨も増えています。タオル地の製品も多数販売されていますが、手ぬぐいほど繊細なデザインの表現は、タオルでは難しいでしょう。

タオルは糸の色を変えることで、模様などをつけることができます。でも、タオルと手ぬぐいでは生地の細かさが違います。色彩をハッキリと表現できる手ぬぐいは、オシャレの演出に役立つでしょう。

暮らしで手ぬぐいを活用する方法

手ぬぐいを使ったことがない人は、まずはハンカチ代わりに使ってみてください。そうすると、手ぬぐいの吸水力や手馴染みの良さを体感できるはずです。また、自宅トイレの手をふくタオルの代用に活用するのもオススメ!

トイレは、1日に数回使用されるだけで、使っていない時間も多いと思います。なので、常に持ち歩くハンカチや、使用頻度の高いキッチンに比べると、取り入れやすいでしょう。それに、トイレは換気はしても扉を締め切っているご家庭も多いので、速乾性のある手ぬぐいのほうが衛生的です。殺風景になりがちなトイレに、デザイン豊かな手ぬぐいで彩りをプラスすれば、気分も上がります。

手ぬぐいの「ほつれ」の経過

切りっぱなしの手ぬぐいは、端っこを縫ってないのでほつれます。でも、洗濯の度にほつれを切っていれば、徐々に落ち着いてくるのでご安心を。少しずつほつれが減ってくるので気にせず使ってくださいね。使い慣れてきたら、食器拭きや台拭き、おしぼりなど活用の幅を広げていきましょう!

オシャレで快適で環境にもやさしい!

手ぬぐいがクタクタになっても、すぐに捨てるのはもったいない! 最後は裂いて雑巾にして使いましょう。使いやすいサイズに割いて、床拭きやキッチンの油汚れなどに活用。機能性が高く環境にもやさしい手ぬぐいは、現代人にピッタリ! オシャレと快適性を両立できるので、ぜひ気軽に取り入れてみてください。

◆「手ぬぐい」の記事をもっと読む>>

注目レシピ


大豆ご飯

準備中

準備中

準備中

◆ほかのレシピを探す>>

書籍情報


手ぬぐいでつくる

手ぬぐいスタイルブック

手ぬぐい使い方手帖

手ぬぐい雑貨&こもの
南條 祐弥

南條 祐弥ライター

投稿者プロフィール

薬膳コーディネーター、食生活アドバイザー。
食や健康に関する知識を活かし、フリーランスライターとしてWebサイトから書籍まで多岐に渡る媒体で執筆に励む。企画、執筆、校正など幅広い業務を担当するほか、他サイトの編集部に属したことも。さらなるスキルアップを目指して奮闘中。プライベートでは一児の母。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめメニュー

  1. 血液サラサラ『赤紫玉ねぎのフラワーサラダ』で食卓を華やかに

    シンプルな調理法にもかかわらず、見た目が華やかな『紫玉ねぎのフラワーサラダ』。玉ねぎに含まれる硫化ア…

食卓物語

  1. ベテラン介護士に聞いた! 家庭でも活かせる介護食づくりのポイント

    高齢化が進む日本。自宅で介護をしているという人は多いのでは? 今回、介護職15年以上の現役介護士のT…

商品レビュー

  1. BPAフリーの『Grsta 真空断熱ボトル』で快適に白湯習慣を始めませんか?

    お白湯を快適に始めたい人におすすめの『Grsta 真空断熱ボトル』。非毒非害、体にやさしい素材でつく…

話題の記事

  1. 薬草を煎じたり白湯をつくったりするときに便利な『亀甲土瓶2リットル』をご紹介!株式会社ウチダ和漢薬が…
  2. お粥(白粥)は、米を水だけでじっくり炊いたものです。病人食や離乳食のイメージを持つ人が多いのですが、…
  3. 食品添加物というと、健康被害の問題が注目されがちです。しかし、子どもたちの将来への影響も大きそうです…

「食暮」について



ページ上部へ戻る