おせち料理の基礎知識~おせち料理の種類から由来まで~

食卓豆知識

昔からの風習としてお正月に食べている「おせち料理」。色とりどりで普段食べない料理が並び、気持ちが弾みますよね。でも、由来や歴史を知って食べている人は少ないのでは? 今回は、おせち料理の基礎知識として、料理の種類や由来をご紹介します。おせちの意味を知り、おせちを楽しみましょう!

おせち料理は、正月を祝う料理

「おせち」は「お節供(おせちく)」の略で、正月に食べるお祝いの料理のことです。ちなみに、おせち料理を漢字で書くと「御節料理」と書きます。

本来、おせちは暦上の節句のことを指す言葉で、節句に作られる料理をおせち料理と呼んでいました。でも、現在では1年の1番目の節句にあたる正月の料理という意味を指しています。重箱に詰めるのは“めでたさを重ねる”という想いが込められているからだそうです。

おせち料理は、保存のできる食材が中心です。日持ちする料理が多いのは、正月に主婦を家事から解放して休ませてあげるためとも考えられています。また、正月に料理などで火を使うことは控えるという風習も関係しているんだとか。

お重は何段あるの? その中身は?

おせち料理の基本は、四段重ね。上から順に、「一の重」「二の重」「三の重」「与の重」と呼びます。(四段目を「四の重」といわないのは「四」が「死」を連想させるからです。)地域や家庭によって変わりますが、最も代表的な詰め方は以下の通りです。

・一の重…祝い肴(黒豆、数の子、ごまめなど)
・二の重…甘いもの(伊達巻、きんとんなど)
・三の重…海の幸(魚や海老の焼き物など)
・与の重…山の幸(野菜類の煮物など)

※地域や家庭による差が大きく、二の重に海の幸を詰めたり、三の重に酢の物を詰めたりするパターンも。

※三段重の場合
一の重は祝い肴と口取り、二の重は焼き物と酢の物、三の重は煮物を詰めます。

※二段重の場合
一の重に祝い肴と口取り、二の重に煮物を詰めます。

※五段重の場合
五の重は控えの重とし、空(から)になっている場合が多いです。空なのは、現在が満杯(最高)の状態ではなく、将来一層繁栄し、今以上に暮らしが豊かになる伸びしろがあることを示しているという説も。

料理に込められた願い

おせち料理に詰められる料理には、それぞれ意味や願いが込められています。意味を知って、一つひとつ大切に食べましょうね。

・黒豆
一年中「まめ(まじめ)」に働き「まめ(健康的)」に暮らせますように。邪気払いの意味もある。

・数の子
ニシンの腹子である数の子。たくさんの卵があることから、子孫繁栄の願いが込められている。

・田作り
片口イワシの稚魚を干して飴炊きにした料理。片口イワシを農作物の肥料に使うと田畑が豊作になったことから、稲の豊作と五穀豊穣の願いが込めて。

・叩き牛蒡
牛蒡(ごぼう)は、地中に長くまっすぐ根を張る縁起のいい食材。家の基礎が堅固であることを願って。

・かまぼこ
紅白の色は、赤は魔除け、白は清浄の意味。または松竹梅の模様が入っていたり、鶴や松などの縁起物をかたどったりして、“めでたさ”を表す。

・伊達巻き
巻物のような形をしていることから、知識が増えるように。

・鯛の姿焼き
「めでたい」の語呂合わせ。また、恵比寿様が持つ魚としてハレの場にピッタリな魚。

・鰤の照り焼き
出世魚である鰤(ブリ)。立身出世の願いを込めて。

・海老
茹でるとお年寄りのように腰が曲がる海老。腰が曲がるまで元気という長寿の願いが込められている。海老の赤色は魔よけの色ともされる。

・煮蛤
左右の貝がピッタリ合うのは、ひとつだけ。夫婦円満を象徴する縁起物。

・昆布巻き
「よろこぶ」 に通ずる縁起物。また「子生」と書いて子孫繁栄の願いを込める場合もある。

・金団(きんとん)
漢字の通り、金運を呼ぶ縁起物。

・紅白なます
紅白の色は水引を表す。平安や平和の願いを込めて。

・筑前煮
蓮根(穴があり、将来の見通しがきく)や里芋(小芋をたくさんつけることから子孫繁栄)などを用い、末永い幸せを祈願する。

最近では購入する家庭が増加


以前は、年末におせち料理を準備してお正月を迎える家族が多かったですが、最近では購入する家庭も多いです。5種類程度は手作りして、ほかの種類は購入するというパターンもあります。また、買いに行かなくても、大晦日や正月に自宅まで届けてくれるサービスがあるお店もあるので、活用してみるのも手段のひとつ。

全種類を手作りできるのが理想かもしれませんが、デパートから商業施設、近所のスーパーなどでおせち料理が商品展開されているので、上手に取り入れてみては? 家族で正月を気持ちよく迎えられるように、伝統を守りつつも自分たちに合うスタイルを見つけましょう。

注目レシピ


準備中

準備中

準備中

準備中

◆ほかのレシピを探す>>

あなたにおすすめ!

南條 祐弥

195 views

薬膳コーディネーター、食生活アドバイザー。 食や健康に関する知識を活かし、フリーランスライターとしてWebサイトから書籍まで多岐に渡る媒体で執筆に励む。企画...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。