1月7日は七草粥で胃腸を癒そう~七草の種類から由来まで~

食卓豆知識

お正月・松の内の最後の日に当たる1月7日。「七草粥(ななくさがゆ)」を食べる日と覚えている人もいらっしゃるでしょう。でも、どうして1月7日なのか? 七草って何……? 疑問の声がちらほら聞こえてきます。そこで今回は、七草粥の基礎知識として、七草の種類や由来をご紹介。七草粥の意味を知り、お正月を最後まで楽しみましょう!

◆関連記事◆
おせち料理の基礎知識~おせち料理の種類から由来まで~

七草粥は人日の節句に食べる行事食

七草粥を食べるのは、「お正月のご馳走をたくさん食べて疲れた胃を休めるため」といわれることが多いですが、もともとは、五節句のひとつである「人日の節句」の行事食です。

人日の節句は中国から伝わりました。中国では、元日(1月1日)は「鶏」、2日は「狗(犬)」、3日は「猪」、4日は「羊」、5日は「牛」、6日は「馬」、7日は「人、8日は「穀」……といった具合に、それぞれの日に定められたものを占っていました。新年の運勢を占い、その対象となるものを大切に扱うのです。「人日」の7日は、人を大切にする日。中国では、7種類の野菜が入った「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という汁物を食べて、無病息災を祈るのが風習になりました。

古くから日本では、雪の間から芽を出した若菜を摘み、自然界から新しい生命をいただく「若草摘み」という風習がありました。それが、中国から伝わった文化と混ざり、七草粥を食べるようになったと考えられています。

七草の種類と意味・効能

七草には、体にいい効果がたくさん! お正月明けの胃腸もやさしく癒してくれます。次に七草それぞれの特徴を紹介します。

・芹(せり):意味「競り勝つ」
カルシウム、ビタミンBが豊富で胃の調子を整えたり、食欲を促進したりする効果があります。

・薺(なずな):意味「撫でて汚れを除く」
別名をぺんぺん草。解毒や利尿作用があり、むくみなどにも効果的とされています。

・御形(ごぎょう):意味「仏体」
「母子草(ハハコグサ)」のことで、痰や咳によい効果が期待できます。のどの痛みを和らげる効果もあるようです。

・繁縷(はこべら):意味「反映がはびこる」
「はこべ」とも呼ばれる。ビタミンが豊富。昔から腹痛薬として用いられていて、胃炎や歯槽膿漏にも効果があります。

・仏の座(ほとけのざ):意味「仏の安座」
一般的に、「子鬼田平子(こおにたびらこ)」を指します。食物繊維が豊富で胃を健康に。食欲増進や歯痛にも効果があります。

・菘(すずな):意味「神を呼ぶ鈴」
「蕪(かぶ)」のこと。ビタミンC、デンプンの消化を助けるジアスターゼや食物繊維が豊富。胃腸を整え、消化を促進するほか、しもやけやそばかすにも効果があるんだとか。

・蘿蔔(すずしろ):意味「汚れのない清白」
「大根」のこと。風邪予防、消化不良や二日酔いにも効果的とされています。

準備は6日の夜から! 7日の朝に食べるのが伝統

七草粥は、7日の朝に食べるのが伝統。そのため、準備は6日の夜から始めます。6日の夜間に行う準備のときには、七草粥の歌を歌いながら行い、七草をまな板に置いて包丁で叩きながら、無病息災の願いを込めて作ります。

7日の朝、お粥を炊いて七草を入れれば完成。最近では、スーパーで「七草セット」が販売されているので気軽に挑戦することができます。七草だけでなく卵や鶏肉を使ったり、中華だしで炊いたり……アレンジして楽しんでいるご家庭もあります。ぜひ、1月7日は七草粥を召し上がってくださいね。

注目レシピ


準備中

準備中

準備中

準備中

◆ほかのレシピを探す>>

あなたにおすすめ!

南條 祐弥

112 views

薬膳コーディネーター、食生活アドバイザー。 食や健康に関する知識を活かし、フリーランスライターとしてWebサイトから書籍まで多岐に渡る媒体で執筆に励む。企画...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。