3月3日は雛祭り♪ 由来を知って女の子の健やかな成長を祈ろう

食卓豆知識

3月3日は「雛祭り」。女の子のお祭りとして、雛人形を飾ったり、ちらし寿司を食べたりするご家庭は多いでしょう。でも、由来を知っている人は少ないかもしれません。今回は、雛祭りの由来や縁起のいい食べものをご紹介します。

中国から伝わった上巳の節句が始まり

雛祭りのことを、「桃の節句」と呼ぶことがありますが、正しくは「上巳(じょうし、じょうみ)の節句」といいます。中国から伝わった五節句のひとつで、中国では川辺で身を清め、災いを払うために行われていました。厄よけの力があるとされた桃の酒を飲むのが風習だったそうです。

日本でも桃に災いを遠ざける力があると信じられていたので、桃の花を飾る風習が残ったと考えられています。旧暦の3月3日が桃の花が咲く季節だったこともあり、上巳の節句を桃の節句と呼ぶようになりました。

雛祭りと呼ばれるようになったのは?

日本では、紙や藁でつくった素朴な人形に自分の厄災を移し、海や川に流してお祓いする「流し雛」が習慣でした。そこに、貴族階級の子女の「ひいな遊び」という人形遊びが合わさってできたのが雛祭りの原型です。江戸時代には、庶民にも雛祭りが伝わって、女の子のお祝いの儀式として定番化していったと考えられています。

さらに発展して、雛人形を飾り、女の子の健やかな成長を願う行事へと変化してきました。災いがない人生を歩み、美しく成長しますように……と願いが込められています。雛人形だけでなく桃の花を飾ったり、女の子は着物を着たり、祝い膳を食べたり。いろんな慣習があります。

雛祭りに食べると縁起のいいもの

女の子の健やかな成長を願って準備される特別な料理の数々。祝い膳には、蛤(はまぐり)のお吸い物や、ちらし寿司、菱餅(ひしもち)、白酒やひなあられが挙げられます。蛤は、女の子の美徳と貞節を意味しているほか、海老の赤は生命、まめは健康でまめに働くことなどを意味しています。

飲み物には、白酒が定番です。古くは、桃の花びらを漬けてつくる「桃花酒」が飲まれていましたが、白酒に桃の花びらを浮かべて飲むようになったそうです。そして、現在では甘酒を飲む家庭が多いようです。

白酒や甘酒にはアルコールが含まれていることがあるので、お子さまや妊娠している女性、車を運転する予定のある人は、注意しましょう。ご自宅で甘酒をつくる場合は、しっかりアルコール成分を飛ばすか、糀を使ってアルコールを含まないようにするなどして、工夫してくださいね。

ライフスタイルに合わせた雛祭りを

女の子の節句として、大切な日ではありますが、立派な雛祭りを飾って、豪勢な料理をすべて手づくりで準備をするのは、なかなか大変です。伝統や文化も大切ですが、ご家族が笑顔になれる1日になるように、準備を進めましょう。

あなたのご家庭では、どんな雛祭りを過ごしますか? ご家庭によって、自宅でパーティーを開いたり、家族で外食に出かけたり、神社で御祈祷してもらったり、写真を撮ってもらったり……楽しみ方はいろいろです。ぜひ、ご家族でステキな時間をお過ごしくださいね。

◆「雛祭り」の記事をもっと読む>>

注目レシピ


準備中

準備中

準備中

◆ほかのレシピを探す>>

書籍情報

南條 祐弥

112 views

薬膳コーディネーター、食生活アドバイザー。 食や健康に関する知識を活かし、フリーランスライターとしてWebサイトから書籍まで多岐に渡る媒体で執筆に励む。企画...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。