脱・食卓マンネリ化。デザート感覚で食べる『ベジフルサラダ~ヨーグルトソース添え~』

サラダ・前菜

『レシピ集』のコーナーでは、主婦・主夫の方から教えていただいたレシピを紹介しています。今回は、デザート感覚で食べる『ベジフルサラダ~ヨーグルトソース添え~』をご紹介!

カラフルでPOPなサラダで気分転換♪
野菜(ベジタブル)と果物(フルーツ)たっぷりのデザートサラダ

材料

・サラダ菜
・パプリカ(1/2個)
・プチトマト(5個)
・キウイ(1個)
・レモン汁 少々
・冷凍ブルーベリー(50g)
(冷凍でなくてもOK)
・冷凍いちご(3~5個)
(冷凍でなくてもOK)
・卵(1~2個)
(ゆで卵にしておく)

・無糖ヨーグルト 大さじ2
・オリーブオイル 小さじ1
・塩(適量)

『ベジフルサラダ~ヨーグルトソース添え~』の作り方

1)野菜や果物を食べやすいサイズに切る。

サラダ菜は手でちぎる。
パプリカ、プチトマト、キウイは包丁で食べやすいサイズに。
ブルーベリーは、切らずにそのまま使う。

2)食材をざっくりと混ぜる。

レモン汁を回し入れて馴染ませる。

3)スライスしたゆで卵、いちごを飾る。

いちごは冷凍でなくても良いですが、冷凍のほうが薄く切りやすいです。

4)ヨーグルトソースを作る。

無糖ヨーグルトとオリーブオイルをよく混ぜ、塩で味を調整する。

5)サラダにヨーグルトソースを添えて完成。

ヨーグルトソースはお好みでかけてください。

野菜不足にオススメの理由

紹介したベジフルサラダでは、8種類の食材を使っています。(ヨーグルトソースを含まない)なので、いつものサラダに飽きてしまった人や、野菜不足かも……と悩んでいる人にはピッタリです。いつものサラダとは違う、斬新な組み合わせなので気分転換にもなります。

また、野菜や果物だけでなく、卵やヨーグルトなど動物性たんぱく質が加わることで、いろんな栄養素を摂取できるメリットもあります。野菜や果物の組み合わせは自由です。一見、相性が悪そうな食材でも、試してみると美味しいときもあります。いろいろ挑戦して、オリジナルサラダを作ってみてはいかがでしょう? 食材に興味をもつきっかけになればうれしいです。

※カラダへの影響には、個人差があります。個人の責任において適量を召し上がりください。

◆「サラダ」の記事をもっと読む>>

裏話~ここだけの話~
いつも同じようなサラダを作っていて、なんだか退屈だな。と思っていたので、家にあった野菜や果物を使ってみたのが始まりです。最初の家族の反応は「?」といった感じでしたが、食べてみると「意外といける」という言葉をもらえてホッとしました(笑) 最初はちょっと不思議な印象を受けるかもしれませんが、脱・食卓マンネリにはちょうどいいと思います。(30歳・東京)

 

あなたにオススメ! 注目レシピ

◆ほかのレシピを探す>>

書籍情報

主婦・主夫の声

1,577 views

この記事は、主婦・主夫など家庭で家事を担当している方の体験談をもとに作成しています。「食暮」では、食卓のリアルな声をお届けするため、体験談を多数掲載しており...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。