BPAフリーの『Grsta 真空断熱ボトル』で快適に白湯習慣を始めませんか?

使ってみた!

『使ってみた!』のコーナーでは、食や健康に関心の高い主婦・主夫が商品を試した感想を掲載しています。今回は、お白湯を快適に始めたい人におすすめの『Grsta 真空断熱ボトル』をご紹介!

◆関連記事◆
薬草を煎じたり白湯をつくったり『亀甲土瓶2リットル』を使えば湯がまるくなる
脚のダルさは水分不足のサイン!? ホットヨガで水分摂取量アップ

『Grsta 真空断熱ボトル』とは?

非毒非害、体にやさしい素材でつくられたボトル

BAP不使用。食品グレードの高品質な18/8ステンレスを採用しているボトルです。健康や環境に配慮した素材で作られており、安心して水分補給できます。

保温効力が長時間続き、いつでも美味しい

冷水24時間、お湯12時間、高熱湯は6時間保温できます。ボトルは、冷たい飲みものでも結露せず、熱い飲みものでも熱くなりません。保温も保冷もできるのでオールシーズン活躍します。

シリコンパッキンで漏れ防止

内部のシリコンパッキンが水漏れを予防します。マグボトルとして直飲みするほか、ストローでも飲めるように2種類のキャップが付属されています。フィルター付きなので、茶葉などを入れることも可能です。

体への悪影響が心配されるBPAを使っていません!

BPAとは、「ビスフェノールA」のことです。プラスチックやレシートの原料として使われています。BPAは、人間の一部のホルモンと分子の形が似ています。動物実験の結果、大量に摂取した場合、生殖器や神経系などに深刻なダメージを与える可能性があると示唆されました。哺乳瓶など幼児向け食器のBPA使用を禁止している国もあり、BPAフリーの食器が増えてきました。自主的にBPAを使用中止するメーカーも増えてきています。

『Grsta 真空断熱ボトル』は、BPA不使用です。そのほか、18/8ステンレス(クロムが18%、ニッケルが8%入ったステンレス)を採用しています。つまり、耐蝕性、耐熱性、熱伝導、耐衝撃性などあらゆる項目で高い評価を得るステンレスを使用しているということです。

ただし、キャップやフィルターがどんな物質で作られているか明記されていません。「BPAではないこと」「食品グレード」であることは把握できますが……。BPAの代替品のなかには、安全性に疑問が残るものあります。具体的にどんな物質を使用しているのか気になるところです。

白湯生活に便利。沸かすのが面倒なズボラさんも安心です

現代医学を代表する西洋医学、漢方・薬膳などを代表する中医学(東洋医学)。 それらの起源とされるのがインド発祥の「アーユルヴェーダ」です。白湯はアーユルヴェーダの教えにより生まれました。

「お茶じゃダメなの?」という声を聞きますが、お茶よりも白湯のほうが消化に負担がかかりません。赤ちゃんから飲めるくらいです。 白湯には、体温上昇、代謝アップ、デトックス作用、血行促進、便秘改善、むくみの解消、ダイエットなどの効果があるとされています。

白湯は、電気ケトルではなく火で沸かすのが好ましいとされていますが、毎回沸かすのを面倒に感じる人も多いでしょう。そんな人は、1日に数回だけ沸かしてボトルに入れるのがおすすめです。飲みたいときにいつでも白湯が飲めますよ。

◆関連記事◆
薬草を煎じたり白湯をつくったり『亀甲土瓶2リットル』を使えば湯がまるくなる
脚のダルさは水分不足のサイン!? ホットヨガで水分摂取量アップ

家族の人数分揃えたくなるカラーバリエーション

『Grsta 真空断熱ボトル』は、20色のカラーバリエーションを展開しています。サイズは、350ml、500ml、600ml、750mlあり、写真はすべて600mlです。表面はステンレスで発色がよくスタイリッシュ。使用するシチュエーションによって、好みのボトルを選択するといいですよ。

色違いで家族の人数分を揃えるとおしゃれで一体感も。家庭、職場、スポーツなどみんなで水分補給をしましょう。冷たい飲みものより温かい飲みもののほうが体にやさしいのでおすすめです。

裏話~ここだけの話~
0歳の娘に湯冷ましを飲ませたいと思ったときに、ボトルがあれば便利だと思い購入しました。安全性の高く使いやすいものを探していたのでちょうど良かったです。夫もデザインを気に入り、結局家族全員分を買い揃えました。白湯用に使用する際も、茶葉用フィルターを取り付けないとダメなのが面倒ですが、気に入っています。(30歳・東京)

主婦・主夫の声

69 views

この記事は、主婦・主夫など家庭で家事を担当している方の体験談をもとに作成しています。「食暮」では、食卓のリアルな声をお届けするため、体験談を多数掲載しており...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。