シンクから三角コーナーを撤去『タワー ポリ袋エコホルダー』で衛生的なキッチンにしよう!

使ってみた!

『使ってみた!』のコーナーでは、食に関心の高い主婦・主夫が商品を試した感想を掲載しています。使い心地や、メリット・デメリットなど……リアルな声をお伝えします。
今回は、『タワー ポリ袋エコホルダー』をご紹介!

『タワー ポリ袋エコホルダー』とは?

三角コーナーの代用に使える簡易ゴミ箱。

料理中に出てしまう生ゴミを捨てる場所として、三角コーナーを設置している人は多いでしょう。でも、三角コーナーはヌメリが発生しやすく、清潔を保つのはなかなか難しい。そこで役立つのがこの商品です。ポリ袋を四隅にひっかけるだけで、ゴミ箱として使用できます。使い終わったらポリ袋を外して、そのまま捨てるだけ! お手入れも簡単です。

キッチンのみならず、活用の幅が広いのも魅力!

簡易ゴミ箱としてキッチンに置くのはもちろん、いろんな場面で活躍できる優れものです。たとえば、小さなゴミ箱として、工作時にテーブルの上に置くなど、好きな場所に簡単に持ち運べるからこそ、いろんな場所で使用できます。

シンプルなデザインで、空間に馴染みやすい。

白色のシンプルなデザインで、インテリアの邪魔になりません。使わないときは折りたたんで、収納できます。スマートになるので、使うときだけ広げればスペースを有効活用できるんです。複雑な装飾がないので、洗いやすく清潔を保てます。

『タワー ポリ袋エコホルダー』を使った感想

不衛生な三角コーナーから解放されたことで肩の荷が下りたような気がしました。「もう、ヌメヌメした三角コーナーを洗わなくていい」と思えたからです。三角コーナーのメリットは、料理中の生ゴミを捨てやすいという点。『タワー ポリ袋エコホルダー』で十分に代用できました。

三角コーナーの代用として使い始めましたが、使ってみると三角コーナー「以上」の使い心地を感じています。多分、使いやすく手入れも簡単だからだと思います。スーパーやコンビニでもらった袋もセットできるので、袋を有効活用できてオススメです。

使い方いろいろ。簡易ゴミ箱以外の活用法

グラススタンド

グラススタンドとして、グラスを乾燥させたいときに使うことができます。そのほか、ペットボトルや牛乳パックなど、干すときにも便利です。

食材の味付けに活用

流行りの「ポリ袋調理」に使っている人もいるそうです。『タワー ポリ袋エコホルダー』に袋をセットすると、袋が自立してくれるので肉や魚の味付けのときにポリ袋エコホルダー

シンプルだけど工夫が凝らされている心遣いが◎

使わないときはスマートに折りたためること。底部分に滑り止めゴムがついていて安定していること。上部にも滑り止めがついているため、袋をセットしやすいこと。見た目はシンプルですが、使いやすさを配慮した構造です。

三角コーナーは、プラスチック製だと漂泊しても汚れが落ちにくい。網目が細かければ細かいほど、掃除が面倒くさい! その点、『タワー ポリ袋エコホルダー』は、手入れが簡単で使い勝手もいいので今後も使い続けたい商品のひとつです。キッチンをシンプル&清潔にしたい人は、試す価値アリだと思います。

裏話~ここだけの話~
「シンクには三角コーナーを設置する」という固定概念を捨てて正解でした。本屋さんで本を1冊買ったときにもらうビニール袋。これまでは、小さくて使いどころがなく捨てていました。でも、『タワー ポリ袋エコホルダー』を購入してからは、活用できるようになったので、有効活用できてると思うとうれしいです。ぜひ、試してみてくださいね。(29歳・東京)

主婦・主夫の声

1,135 views

この記事は、主婦・主夫など家庭で家事を担当している方の体験談をもとに作成しています。「食暮」では、食卓のリアルな声をお届けするため、体験談を多数掲載しており...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。