洗濯できる水切りマット『梅炭和紙PLYS吸水マット』でキッチンを清潔に♪

使ってみた!

『使ってみた!』のコーナーでは、食に関心の高い主婦・主夫が商品を試した感想を掲載しています。使い心地や、メリット・デメリットなど……リアルな声をお伝えします。
今回は、『梅炭和紙PLYS吸水マット』をご紹介!

『梅炭和紙PLYS水切り吸水マット』とは?

消臭&調湿作用のある梅炭和紙を使用

梅の種の炭を使用した梅炭和紙を吸水マットの表面に。そのおかげで、水を吸っても乾きが早く、サラサラで臭わない。梅の種は、もともと産業廃棄物として処分されるものです。『梅炭和紙 水切り吸水マット』は、性質を活かした画期的な活用法といえるでしょう。

メッシュ素材や吊り下げヒモ。衛生的に使える工夫あり!


濡れてしまっても、メッシュ素材なので吸水性と通気性はバッチリなので安心。干したいときには吊り下げヒモがあるので、気軽に干すことができます。

洗濯機で洗えるほど丈夫。梅炭和紙の効果も持続します

ネットに入れれば洗濯機でも洗えます。洗っても、性能は変わらないので使い心地も良し。長く愛用できそうです。(※そのほか、使用上の注意をお読みください。)
「PLYS」Webサイトはこちら>>

 

『梅炭和紙PLYS吸水マット』を使った感想は?

ほどよい厚みとクッション性に安心感をもちました。いろんな種類の吸水マットを使ったことがありますし、購入する際にもじっくり店頭で検討しているのですが、『梅炭和紙 水切り吸水マット』は、「しっかりしているなぁ」という印象でした。

実際、食器を置いたときに安定感がありますし、洗濯機で洗濯できるほど丈夫です。洗濯機で洗うときはネットに入れて洗えばOK。この手軽さも魅力だと思います。多くの水切りマットは「手洗い」を推奨しているものが多いのですが、私はズボラな性格ですし、洗濯機で洗えることが吸水マットを選ぶ条件のひとつでした。もちろん、洗濯してもクッション性は変わりませんし、梅炭和紙の性質もキープできるそうです。

不便だな。と感じたところは?


今のところ、不便さは感じていません。ただ、一般的な市販のキッチン水切りマットよりは価格が高いと感じるかもしれません。最近では、100円均一でもキッチンマットが売っているので、金額だけを比較すると躊躇する人もいると思います。

でも、安いものは薄っぺらかったり、洗濯機で洗えなかったり、端がほつれてきたり……。品質面で長く快適に使用できるかを比べると、『梅炭和紙 水切り吸水マット』はオススメです。

それに、マイクロファイバーを使用した吸水マットは、肌にひっかかるような触感がありますが、和紙を使っているので肌触りもやさしい気がします。手荒れが気になる人やマイクロファイバーの布に違和感がある人は試してみてはいかがでしょうか?

快適に使用するポイントを教えてください。


今まで水切りカゴを使っていたなら、吸水マットだけで食器が置けるのか? と疑問を持つでしょう。でも、私の場合は苦になりませんでした。むしろ、いつ洗ったかも忘れている不衛生な水切りカゴを使うよりは、こまめに洗える吸水マットのほうが安心です。

梅炭和紙 水切り吸水マット』はS・M・Lサイズがあるので、キッチンの広さや食器の量で使い分けることができます。せっかく水洗いができるので、こまめに取り換えながらサイズを使い分ければ快適に使い続けられますよ。私の場合は、Lサイズだけ購入して、広々使っていますが。

裏話~ここだけの話~
吸水マットを使っているうちに、どんなふうに食器を置けば効率よく並べられるのか。わかるようになってきます。それに、食器を溜め込まないようにもなります。その結果、キッチンがスッキリして快適です。家族の口に入るものが並ぶキッチンだから清潔を保ちたい。そう思う私にはピッタリな商品でした。思い切って水切りカゴを捨てて正解だったかも。
(30歳・東京)

主婦・主夫の声

69 views

この記事は、主婦・主夫など家庭で家事を担当している方の体験談をもとに作成しています。「食暮」では、食卓のリアルな声をお届けするため、体験談を多数掲載しており...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。