【注意】薬膳や植物療法を実践する前にお読みください!

薬膳は、中医学にもとづく食材の性質や組み合わせ方を生かした料理のこと。植物療法は、植物の力を役立て体質改善や不調の緩和を図ること。これらは、両方とも化学的な薬とは異なり、体にやさしく効果を発揮してくれます。

しかし、誰にでも同じ効果があるとは限りません。人それぞれ体質が違うからです。薬膳や植物療法を実践するには、「体質に合った方法」であるか否かがポイントです。

化学的な薬ではないので、激しい副作用がないことがほとんどですが、なかには刺激が強いものもあります。そのため、体質や環境によってはトラブルを招きます。より安心・安全に薬膳や植物療法を始めるために、ぜひ注意事項を把握してください。

◆関連記事◆
薬膳の考え方&取り入れ方~家庭で始める薬膳のある暮らし~
注意! 栄養バランスだけで食事内容を決めないで

私は大丈夫……? こんなケースに要注意

薬膳学には、食生活上で注意したり禁止したりする「食忌(禁忌)」という考え方があります。体質や病気によって食べてはいけないもの、組み合わせてはいけない食材や中薬などが対象です。今回は、食忌に留まらず注意してほしいケースを紹介します。

◆関連記事◆
「食忌(禁忌)」とは!? 薬膳料理する前に食材と体の相性を考えよう!
薬膳の考え方&取り入れ方~家庭で始める薬膳のある暮らし~

子どもや高齢者の場合

子どもや高齢者の場合、量を調節するなどして気をつけましょう。

現在治療中の場合

持病がある、治療中、薬を服用している。こういった場合は、医師に相談しましょう。そのほか、体質で心配ごとがある場合も慎重に食材や植物を使用しましょう。

大きな病気にかかった経験がある場合

既に治療が完了している場合でも、慎重に食材や植物を使用しましょう。

妊娠中の場合

妊娠すると体に大きな変化が起きるので注意が必要です。また、妊娠が確定していなくても、その可能性がある人は注意しましょう。医師に相談することも大切です。

野菜・果物の農薬が心配な場合

野菜や果物は皮に有効成分を含むものが多いです。できるだけ無農薬のものを活用しましょう。

アレルギーの場合

誤って使用することで重篤な症状に繋がることも。取り扱いは十分に注意してください。

精油を使う場合

植物療法のなかには、精油を使ってマッサージをする方法などがあります。成分が強いものもあるので、必ずパッチテストを行いましょう。ひじの内側などに、オイルを少量塗ります。その後、12~24時間経過を観察し、かゆみや赤みが出ないことを確認してください。

医師や専門家に相談を

上記に少しでも心当たりがある人は、食材・植物の使用に注意してください。また、該当することがない場合でも、心配なときは医師や専門家に相談しましょう。

食暮に掲載している情報について

当サイト「食暮」に掲載している情報は食材・植物の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関して責任を負いかねますので、あくまでも自己責任においてご活用をお願いいたします。不安のある場合は、医師や専門家に相談することをおすすめします。

◆免責事項を確認する>>

薬膳も植物療法も体質改善に役立つ素晴らしいものです。ぜひ体質に合わせて安心・安全に取り入れてください。食暮では、薬膳学や植物療法を軸に健康情報を掲載しています。美味しいことはもちろん、できるだけ手軽に作られるレシピも発信中。薬膳や植物療法で食を楽しみながら体質改善を始めませんか? ぜひ当サイトのレシピをご覧くださいね。

◆体質改善レシピを見る>>

◆関連記事◆
「食忌(禁忌)」とは!? 薬膳料理する前に食材と体の相性を考えよう!
薬膳の考え方&取り入れ方~家庭で始める薬膳のある暮らし~

あなたにおすすめ!


マンガでわかる和食薬膳

自然ぐすり

薬膳ドリンク

薬膳・漢方
食暮編集部

食暮編集部

投稿者プロフィール

「食暮」は、主婦仲間で運営しているブログサイトです。‘食卓から暮らしを豊かに’をコンセプトに記事を掲載しています。まだまだ情報量は少ないですが、コツコツ続けることで皆さまのお役に立てるサイトになればと考えています。ただ単に情報をまとめた内容ではなく、私たちを含めたいろんな人の実体験をもとに中身のある情報をお届けできるように頑張ります!

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめメニュー

  1. 美味しく野菜不足を解消!『彩り野菜のサーモンサラダ』

    彩り豊かでおもてなしにピッタリな『彩り野菜のサーモンサラダ』をご紹介。野菜にサーモンが加わることで、…

食卓物語

  1. 世界がんデー。患者家族で「がん治療の在り方」を考える

    2月4日世界がんデーに向けてがん患者家族にお集まりいただき、「がん治療の在り方」について語り合いまし…

商品レビュー

  1. BPAフリーの『Grsta 真空断熱ボトル』で快適に白湯習慣を始めませんか?

    お白湯を快適に始めたい人におすすめの『Grsta 真空断熱ボトル』。非毒非害、体にやさしい素材でつく…

話題の記事

  1. お粥(白粥)は、米を水だけでじっくり炊いたものです。病人食や離乳食のイメージを持つ人が多いのですが、…
  2. 薬草を煎じたり白湯をつくったりするときに便利な『亀甲土瓶2リットル』をご紹介!株式会社ウチダ和漢薬が…
  3. 食品添加物というと、健康被害の問題が注目されがちです。しかし、子どもたちの将来への影響も大きそうです…

「食暮」について



ページ上部へ戻る