お粥を日常食に。便秘解消、免疫力アップ、美肌…健康効果いっぱいです

健康コラム

お粥(白粥)は、米を水だけでじっくり炊いたものです。病人食や離乳食のイメージを持つ人が多いのですが、健康な人にとってもメリットがたくさんあります。ぜひ、日常食として積極的に取り入れてほしい! 今回は、粥による健康効果をご紹介します。

◆関連記事◆
薬膳の考え方&取り入れ方~家庭で始める薬膳のある暮らし~
注意! 栄養バランスだけで食事内容を決めないで

【便秘解消】胃腸に負担をかけずに消化し宿便も排出

正月の胃腸の疲れを癒す七草粥を思い浮かべてください。粥を食べる最大のメリットは、胃腸にかかる負担が少ないことです。かぜや胃腸の病気の予後にも食べられるほど消化・吸収がよい料理。多くの赤ちゃんは、粥から離乳食を始めます。

消化器官に滞在する時間が短く、速やかに胃→小腸→大腸へと流れていきます。水分が多いため、スルスルと進みながら腸内の汚れを落とす効果も。継続することで宿便(排泄されず、腸の中に溜まっている便)が解消できると考えられています。

便秘解消する食材として、食物繊維は定番のひとつ。でも、不溶性食物繊維を多く摂取すると消化に負担がかかります。なかには、便秘を悪化させるケースもあるので要注意。その点、粥は消化器官にやさしい料理といえます。

◆関連記事◆
食べすぎ注意? 便秘や生活習慣病予防の定番「食物繊維」とは!?
胃腸の疲れを癒す七草粥~七草の種類から由来まで~

【ダイエット】満腹感が得やすく食べすぎを防止できる

温かくて水分が多い粥は、満腹感を得やすい料理です。白米よりも少ない米で済むので、食べすぎを防止できます。ダイエットしたい人は、白米を粥に置き換えるのもひとつの方法です。空腹を我慢できないとき、白米よりもカロリーを抑えられます。体調を崩したり、肌がボロボロになったりするダイエットはやめましょう。

【免疫力UP】体内の免疫細胞の6割が腸にいる

体内の免疫細胞の6割以上が腸にあります。そのため、粥で腸を綺麗にすることが免疫力アップに繋がるのです。疲れた胃腸を休めつつ、体内の老廃物や毒素も排出できるので、粥は体調を整える画期的な料理といえます。白米よりも血糖値の上昇が緩やかとされているので、血糖値が心配な人にもおすすめ。

【美肌効果】腸内の不調は肌に現れる

肌と腸は密接に関わっているため、腸内の不調は肌に現れます。たとえば、無茶なダイエットをして肌がボロボロ、暴飲暴食で吹き出物ができるなど経験したことはありませんか? 肌の異変は体からのSOSです。生活習慣が乱れていたり、良かれと思って実践している健康法に問題があったり。健康状態をしっかり確認しましょう。

粥を日常食に。粥は薬膳の定番です

薬膳は、中国の医学書をもとにして考えられた食事です。日々の食事を通して病気の予防・体質改善を目指します。薬膳では複数の食材を組み合わせることが多々あります。その際、粥はあらゆる食材と相性がよく、中国では、「粥は食養生の基本」と考えられてきました。

医食同源・薬食同源を掲げる薬膳の世界では、粥は定番メニューです。胃腸にやさしく、食材をトッピングすることで、さまざまな栄養素を補給できます。粥をつくるのは、それほど難しくありませんし、そこに食材をプラスするだけで完成するので手軽。忙しい人や料理が苦手な人でも続けやすいです。

毎日でなくても、ときどき白米を粥に置き換えてみませんか? ちょっと疲れたな~というときは、ぜひ粥を食べましょう。日常食として粥をとりいれ、休肝日のように胃腸を休ませる日をつくるのも面白いですね。胃腸を休ませ腸内環境を整えれば、体の不調が改善されるかもしれませんよ。

◆関連記事◆
「食忌(禁忌)」とは!? 薬膳料理する前に食材と体の相性を考えよう!
薬膳の考え方&取り入れ方~家庭で始める薬膳のある暮らし~

あなたにおすすめ!

南條 祐弥

332 views

薬膳コーディネーター、食生活アドバイザー。 食や健康に関する知識を活かし、フリーランスライターとしてWebサイトから書籍まで多岐に渡る媒体で執筆に励む。企画...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。