冬に気をつけたい体調不良。食材選びのポイント教えます!

食材コラム

冬は、インフルエンザをはじめ体調不良への関心度が高まる季節です。実際にその通りで、体調を崩したり、持病を悪化させたりする人が増えます。冬を快適に過ごすには冷え対策が大切です。

「冬はかぜが流行る季節」「私、冷え性だから」なんて開き直っていませんか? 冬はイベントが多い季節でもあります。せっかくですから、深刻な問題に発展する前に、食で予防・改善しましょう!

◆関連記事◆
薬膳の考え方&取り入れ方~家庭で始める薬膳のある暮らし~
注意! 栄養バランスだけで食事内容を決めないで

痛みが増し、免疫力が低下する季節

中医学では、強い寒さを「寒邪」と呼び、病気を引き起こす要因のひとつと考えます。寒さは人間の体にとって大きなストレスです。寒いと関節が痛む人もいると思います。その感覚はあながち間違っていません。「寒」と「痛」の関りは強いと考えられていて、寒邪の留まる箇所によって頭痛や関節痛が引き起こされるのです。

かぜの諸症状も寒邪が原因と考えられています。寒さに加え乾燥することで抵抗力が低下。その結果、インフルエンザなどにかかってしまうのです。冬の体調不良は、冷えと乾燥がカギといえるでしょう。

心臓病や脳卒中にも要注意!

冬に要注意なのが心臓病です。冬の寒さに対抗して体温を上げるので、心臓に大きな負担がかかります。心臓に持病がある人は発作を起こす可能性が高まるので気をつけてください。また、毛細血管が収縮して血圧が上がるので、脳卒中にも注意しましょう。

「冷えは万病のもと」といわれるほど、寒さは体に悪い影響をもたらします。頻尿、むくみ、膀胱炎、腎炎、関節炎、腰痛。末梢血管が血行不良になると、しもやけ、あかぎれに。ちょっと体調が悪いなと感じたとき、体を温めるだけで改善することが多々あります。

食材選びのポイント

五臓のなかで、寒さは「腎」の働きを邪魔します。腎は、生命活動に必要なエネルギーを蓄え、体の免疫力や防衛力となり健康を支えます。腎が弱まると生命エネルギーが衰えるので、気力や体力が落ちてしまいます。冬を乗り切るためにも腎を労わることが大切なのです。

免疫力を高めかぜを予防

みかん、だいだい、ゆず、ねぎ、にら、にんにく、しょうが
びわ茶

かぜをひいたとき

くず、冬瓜、
エキナセア、エルダーフラワー、

体の冷え

ごぼう、大根、にんじん、れんこん、かぶ、ゆり根、にんにく、しょうが、しそ
シナモン、梅醤番茶
※大根は加熱して食べるといいでしょう。

高血圧予防

青魚(サバ・イワシなど)
かぼちゃの種、柿の葉茶、コーン茶、

泌尿器系の不調

昆布、わかめ、ひじき、あさり、もずく、冬瓜、黒豆、あずき
塩、しょうゆ、みそ
※塩分の摂りすぎにはご注意ください。

◆冬の旬食材をチェック>>(準備中)

冬の生活習慣アドバイス

食を通して冷えや乾燥に負けない体をつくりましょう。食生活のほか、心臓病や脳卒中を予防するためにも、風呂場と居間や廊下の温度差が大きくならない環境づくりも忘れずに。体が冷えないように服装にも気を配りましょう。寒いからといって家にこもるのではなく、適度な運動も大切です。運動と休養のバランスを意識してくださいね。

食暮では、薬膳学や植物療法を軸に体質改善を目指したレシピを掲載しています。美味しいことはもちろん、できるだけ手軽に作られることを大切にしています。薬膳で食を楽しみながら体質改善を始めませんか? ぜひ当サイトのレシピをご覧くださいね。

◆「薬膳」の記事をもっと読む>>

◆関連記事◆
薬膳の考え方&取り入れ方~家庭で始める薬膳のある暮らし~
注意! 栄養バランスだけで食事内容を決めないで

あなたにおすすめ!

南條 祐弥

112 views

薬膳コーディネーター、食生活アドバイザー。 食や健康に関する知識を活かし、フリーランスライターとしてWebサイトから書籍まで多岐に渡る媒体で執筆に励む。企画...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。