秋に気をつけたい体調不良。食材選びのポイント教えます!

食材コラム

「食欲の秋」といわれるほど食欲が増す季節でありながら、1日の寒暖差が大きく体調を崩しやすい秋。夏の湿気が薄れ、乾燥する時期でもあります。秋を快適に過ごすためには乾燥と上手につき合うことです。

皮膚や髪、口の中は乾燥していませんか? くしゃみが出る、鼻水が止まらない……。深刻な問題に発展する前に、食で予防・改善しましょう!

◆関連記事◆
薬膳の考え方&取り入れ方~家庭で始める薬膳のある暮らし~
注意! 栄養バランスだけで食事内容を決めないで

呼吸器官が弱い人は要注意!

行楽のシーズン・秋は「過ごしやすい」というイメージがありますが、肺などの呼吸器官が弱い人は要注意。空気が乾燥すると、鼻や気管の機能低下に加えて、皮膚が敏感になって皮膚呼吸がスムーズにできなくなります。

乾燥した空気が鼻や喉の負担になり、鼻炎や咳に繋がります。悪化すると、ひどい咳や喘息、肺炎などを招く可能性もあるので油断しないように。

肺は大腸と連携して働く

中医学では、肺は大腸と連携して働くと考えられています。肺の不調は大腸にも影響するのです。排泄器官である大腸が不調になると、上手にデトックスができず便秘や腹痛になります。さらに、大腸はニキビや吹き出物など肌にも影響を与えます。このように、肺とは一見無関係なところでも影響をおよぼすので気をつけましょう。

また、日中の温度差により首筋がこわばったり、肩こりになったりします。体のこわばりから歯痛が起きることもあります。そのほか、が悪化しやすい季節でもあるので、心当たりがある人は用心してください。

食材選びのポイント

弱った肺や呼吸器官の負担を軽減、体を温めて血流を良くする食材を摂りましょう。発汗を助ける食材もおすすめです。秋に採れる食べ物には、肺の潤いを補うものがたくさんあるので、旬をチェックすることもお忘れなく。

咳や呼吸器官系の悩み

梨、柿、山芋、れんこん(おろし汁)、大根(おろし汁)、ぎんなん、ゆり根

口の渇き(唾液が少ない)

梨、柿、さつまいも、さといも

梨、大根(おろし汁)、玉ねぎ、山芋

体の冷え

長ねぎ、生姜、くず、ウイキョウ

※注意ポイント※

痔を患っている人は、粘膜が充血しているので、トウガラシなどの香辛料もち米類は避けましょう。

秋の生活習慣アドバイス

体を温めて、これからやって来る冬の寒さに備えましょう。気管支や肩をはじめ、体の冷えを予防するのがポイントです。タオルやストールを首元に巻いて保温するのがおすすめ。さらに、足腰の冷えや腰痛には、あし湯が効果的です。体の中も外も乾燥しやすいので、室内の湿度を確認してくださいね。

食暮では、薬膳学や植物療法を軸に体質改善を目指したレシピを掲載しています。美味しいことはもちろん、できるだけ手軽に作られることを大切にしています。薬膳で食を楽しみながら体質改善を始めませんか? ぜひ当サイトのレシピをご覧くださいね。

◆「薬膳」の記事をもっと読む>>

◆関連記事◆
薬膳の考え方&取り入れ方~家庭で始める薬膳のある暮らし~
注意! 栄養バランスだけで食事内容を決めないで

あなたにおすすめ!

南條 祐弥

195 views

薬膳コーディネーター、食生活アドバイザー。 食や健康に関する知識を活かし、フリーランスライターとしてWebサイトから書籍まで多岐に渡る媒体で執筆に励む。企画...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。