少量でも大きなエネルギーになる「脂質」

栄養素事典

脂質とは?

脂質は、私たちのエネルギー源であり、細胞膜などカラダの構成成分でもあります。脂肪酸とグリセロールが結合した高分子化合物であり、多くの種類があります。体内では多くが中性脂肪として存在していて、コレステロールも脂質のひとつです。1gで約9kcalというエネルギーをもっていて、少量でも大きなエネルギーに。水に溶けない性質なのも、体内で貯蔵するエネルギー源としてはピッタリな栄養素なのです。

◆関連記事◆
注意! 栄養バランスだけで食事内容を決めないで
摂りたい栄養素からレシピを探したいならこちら!

不足すると……?

脂質は、敬遠されがちな栄養素ですが、エネルギー源として大切な存在です。そのほかにも、脂肪酸は必須脂肪酸の供給源にもなります。摂らないのではなく、摂りすぎないことが大切なのです。脂質が足りないと、エネルギー不足になるうえ、脂溶性ビタミンの吸収が悪くなります。肌荒れや便秘を起こしやすくなることも。女性の場合、月経不順に繋がる可能性があります。

過剰に摂取すると……?

飽食の時代であることや、食の欧米化が進んだことで、脂質を摂りすぎている人が多い日本。摂りすぎの状況が続くと、肥満や生活習慣病に繋がるため注意が必要です。油を使った料理を減らすなど工夫しましょう。

脂質を多く含む食材は?

脂質は、油脂製品、乳製品、肉類、魚介類に多く含まれています。植物油は、ごま油やオリーブオイルなどの種類に関わらず、すべて脂質が100%。マーガリン、バター、マヨネーズにも脂質が多く含まれています。生クリームやチーズなどの乳製品や、肉類の脂身や皮、ソーセージなどの加工品にも豊富に含まれます。魚介類でも、脂がのったものに豊富です。脂質を控えたいときは、脂身の少ない食材を選びましょう。

気になる食材をクリック!


牛乳

生クリーム

クリームチーズ

豚ばら肉

くるみ

アーモンド

 

脂質を豊富に含む食材で作るレシピ


準備中

準備中

準備中

準備中

 

◆関連記事◆
注意! 栄養バランスだけで食事内容を決めないで
摂りたい栄養素からレシピを探したいならこちら!

南條 祐弥

541 views

薬膳コーディネーター、食生活アドバイザー。 食や健康に関する知識を活かし、フリーランスライターとしてWebサイトから書籍まで多岐に渡る媒体で執筆に励む。企画...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。