ナチュラル洗剤で安心・ラクチン『おそうじ虎の巻』で汚れの性質を知る!

ほかの本

肌にも環境にもお財布にもやさしい「ナチュラルクリーニング」
汚れの性質を知れば、掃除が楽しく簡単になる!

台所用、トイレ用、お風呂用……用途別洗剤はいらない!

私たちは「トイレはトイレ用洗剤」、「お風呂はお風呂用洗剤」を使って掃除するという固定概念のなか暮らしています。でも、この本を読めば「場所別」に洗剤を揃える必要がないと気づきます。

汚れには、それぞれ性質があります。その性質さえ理解していれば、汚れを落とすことができるんです。たとえば、台所とお風呂の汚れの性質には共通点があります。なので、同じ洗剤を使ってもある程度対応できるということになります。

トイレ掃除のときは、台所掃除と同じとはいきませんが、それでも汚れの性質を理解すればトイレ用洗剤がなくても掃除はできちゃう。などなど、発見の多い本でした。

使うものは重曹、石けん、クエン酸、アルコール、過炭酸ナトリウム

重曹、石けん、クエン酸、アルコール、過炭酸ナトリウムを揃えれば、家のあらゆる汚れを落とすことができます。ナチュラルクリーニングは面倒というイメージを抱いている人もいるかもしれません。でも、お風呂用洗剤がないから、買い出しに行かないと……と慌てることがなくなり、経済的です。しかも、手肌に優しく、赤ちゃんにも安心。カラダにもいいので試す価値はありますよ。

試してみると、化学的な洗剤を使わなくても汚れは落とせるんだ! という感動があります。それに、それほど難しくなく、実験感覚で掃除を楽しくできました。いきなり、すべてのアイテムを揃えなくても、重曹や石鹸、クエン酸などから始めてみるのもいいですね。

私の場合は、アルコールスプレーが重宝しています。丸洗いできない部分や、湿気がこもりやすくカビが不安なところは、アルコールスプレーで拭いています。殺菌・消毒ができるうえ、すぐに蒸発してくれるのでカビの心配がないからです。(※ただし、アルコール原液でのスプレーは厳禁です。きちんと濃度を守って活用しましょう。本書にアルコール水の作り方も掲載してあります。)

どんなナチュラル洗剤を使えばいいの?

ナチュラル洗剤の選び方がわからなくて困っている人でも大丈夫。本書には、ナチュラル洗剤の選び方や商品も紹介されています。洗剤に関わらず、著者・本橋ひろえ氏がオススメするお掃除グッズも掲載。気軽にナチュラルクリーニングを始めることができます。

普段のお掃除と大掃除のとき、それぞれ何をしたらいいのか? 具体的に提案してくれているのもありがたいです。たとえば、コンロ、オーブントースター、換気扇、食器の焦げ付きや茶渋、ほこり汚れ、排水溝、トイレの尿はね、フローリングなどケースバイケースで丁寧に解説。汚れだけでなく、臭い対策についても触れられていています。

掃除の全部をナチュラルクリーニングに置き換えるのは、難しいかもしれません。でも、具体的なお掃除例を読んで、興味のある部分から取り入れてみてはいかがでしょうか?

◆「掃除」の記事をもっと読む>>

裏話~ここだけの話~
ナチュラルクリーニングを取り入れてから、掃除道具でごちゃごちゃしていた棚がスマートになりました。掃除するのに、そんなにたくさんの道具は必要ないと気づいたからです。重曹、石けん、クエン酸、アルコール、過炭酸ナトリウムがあれば、場所別に洗剤を揃える必要はありません。掃除グッズも最小限になりました。毎日、簡単な掃除を積み重ねているだけあって、大掃除することもなくなったし快適です。ぜひ、読んでみてほしいです。(35歳・大阪)

書籍情報

主婦・主夫の声

1,135 views

この記事は、主婦・主夫など家庭で家事を担当している方の体験談をもとに作成しています。「食暮」では、食卓のリアルな声をお届けするため、体験談を多数掲載しており...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。