部屋もココロもキレイになる片づけ術『人生がときめく片づけの魔法』

ほかの本

「モノを捨てる=モノを大切にしない」ではない!
本当に好きなものだけに囲まれた暮らしを手に入れる

片づけスイッチON! リバウンドしない片づけ術を伝授!

何度片づけても散らかってしまう、整理整頓が継続できない……そんな悩みを抱えている人は多いと思います。でも、この本を読むと「部屋が片づかない原因」をきっと理解することができます。そして、その原因は意外と簡単に取り除くことができることと気づくでしょう。

人生がときめく片づけの魔法』を読み進めていくと、自分の頭が「お片づけモード」になっていきます。片づけたくてウズウズしてくるんです。本のなかで、「リバウンドしない片づけ」という言葉が何度か出てきます。実際にその通りで、この本は単なるノウハウ本ではなく、片づけマインドの作り方を教えてくれます。

片づけ方法は「モノを手放すこと」

この本には、難しいノウハウや便利な収納グッズを使いこなす方法は載っていません。非常にシンプルです。それは、「本当に必要なモノだけを持つ」というもの。つまり、モノを捨てればいいのです。ただ、この簡単なことが案外難しい……。そこで、モノを選別する指標が提示されていました。

それは「ときめき」です。そのモノに対して、ときめくか否かでものを選んでいくのです。この作業は、ひとつひとつのモノと向き合うことでもあります。なんでもかんでも捨てちゃえ! というモノを無駄にする行為や、投げやりな気持ちで行うこととは違います。たとえ手放すことになったとしても、そのモノに対して「今までありがとう」の気持ちをもってモノと向き合います。

ときめくモノだけを残した暮らし

ときめくモノだけが身の回りにある暮らしは、毎日の生活にハリを生み出します。実際に、「片づけの魔法」にかかった人が多数いらっしゃるんだとか。自分に本当に必要なことがわかった、気持ちが軽くなって体調もよくなった、なんて人も。

ただし、その魔法には順番やポイントがあります。それを無視して行うとリバウンドしてしまったり、モノを手放したことを後悔してしまったりする可能性があります。この本の内容は、小手先のノウハウ本ではありません。きっと、一度理解したらずっと活かすことができるマインドです。片づけが苦手な人にこそ読んでいただきたい本です。

◆「掃除」の記事をもっと読む>>

裏話~ここだけの話~
ずいぶん前にも話題になっていた本で、存在は知っていましたが、ずっと読めずにいました。たまたま図書館で見つけて手に取ってみると、夢中になってしまって。改めて家にあるモノの量に驚きました。夫婦ふたり暮らしでもこんなにモノがあったのか……。と落胆したので一念発起です。本当に必要なモノに囲まれた、シンプルだけど楽しい暮らしを夢見て実践中なので頑張ります!(29歳・東京)

書籍情報

主婦・主夫の声

1,136 views

この記事は、主婦・主夫など家庭で家事を担当している方の体験談をもとに作成しています。「食暮」では、食卓のリアルな声をお届けするため、体験談を多数掲載しており...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。