怖くない人体図!?『世界で一番美しい人体図鑑』で体の神秘を体感する

グロテスクなのは苦手……でも、興味はある
人体を学ぶ入門書にピッタリな1冊です!

美しいグラフィックで満足度アップ

人体の構造について学びたいけれど、テレビドラマの手術シーンでは目を覆ってしまう。そんな人でも読みやすい人体図鑑です。頭からつま先まで全身の器官が描かれているので、人体のイメージを掴むことができます。

人体(成人)は、260億個の脳細胞、650の筋肉、206の骨、16万kmの血管で構成されています。どれかひとつでも欠ければ、正常には動かない機械と同じです。本書の項目は、細胞や感覚、神経に至るまで網羅。35項目にトピックが分けられており、多彩なイラストに解説が添えられています。人体の全体像をざっくりと把握したい人におすすめです。

立体的に理解できる工夫がされている

一部、両面に印刷されたフィルムシートがあります。そのおかげで、臓器を正面から見たり裏側から見たり、骨のない筋肉だけの構造を見ることができたり。いろんな視点から見ることができて面白いです。

「胸部」のページでは、肋骨(ろっこつ)がフィルムに描かれています。左のページに重ねたり、右のページに重ねることで、骨が内臓や筋肉にどのように配置されているのか視覚的に理解できます。フィルムシートに描かれた人体も色彩豊かです。ぜひ、フィルムページを重ねたりめくったりして楽しんでください。よりイメージを膨らませることができますよ。

ときどき出てくる「耳寄り話」が面白い

イラストと解説のほかに「耳寄り話」があります。そこに書かれている豆知識が興味深かったです。たとえば、「出生時の胎児には指紋がない。指紋ができるまでには3カ月かかる」(本書P.40引用)、「人間とキリンの首の骨の数は同じ」(本書P.68引用)などがあります。

医学的な堅い解説だけでなく、こんなふうに興味をそそる小ネタがあると読み進めやすいです。また、人体に興味がなくても、雑学として知っておいていい内容だと感じました。

浅く広く学べる。深く学びたい人には不向きかも

イラストが大きいので、人体の構造を細かく見ることができます。でも、そのぶん解説は少なめでした。書いてある内容も、高度なものではなく初歩的なものがほとんど。私は、人体についての予備知識が少ないので勉強になりましたが、すでに勉強済みの人が読むと内容が薄いと感じるでしょう。

人体についてビジュアル的に理解したい、これから勉強を始める、人体の神秘をのぞいてみたいという人にピッタリだと思います。また、人体に詳しい人でもイラストを楽しむことはできるはず。大判で迫力のある1冊なので、ぜひ手に取ってご覧くださいね。

◆「図鑑」の記事をもっと読む>>

裏話~ここだけの話~
リアルすぎる人体図や写真が苦手だったので、この本はとても読みやすかったです。ただし、本のタイトル通り「世界で一番」かどうかは、わかりません(笑) 人体に興味がない夫も「耳寄り話」とフィルムシートを楽しんでいました。人体に興味がない人に関心をもってもらう「きっかけづくり」にもいいですよ。イラストがメインなので、もっと詳しく説明してほしい箇所がありました。興味がある項目については、別の本で詳しく学ぼうと思います。(30歳・東京)

あなたにおすすめ!


赤ちゃんの進化学

野菜まるごと事典

からだの地図帳

果物の大図鑑
主婦・主夫の声

主婦・主夫の声

投稿者プロフィール

この記事は、主婦・主夫など家庭で家事を担当している方の体験談をもとに作成しています。「食暮」では、食卓のリアルな声をお届けするため、体験談を多数掲載しておりますが、効果や体感には個人差がございます。ご自身の生活に活かす際は、自己判断でお願いいたします。また、記事内の見解は明示のない限り「食暮」を代表するものではありません。個人の感想等が含まれていることをご了承ください。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめメニュー

  1. ポカポカ冷え対策! あらゆる体調不良の改善をサポート『生姜紅茶(黒糖入り)』

    冷え取り効果、鎮痛作用、利尿作用のある生姜。さらに、紅茶の赤い色素(テアフラビン)が体を温め、黒糖で…

食卓物語

  1. 1月7日は七草粥で胃腸を癒そう~七草の種類から由来まで~

    五節句のひとつである「人日の節句」の行事食である「七草粥」を食べるのは、「お正月のご馳走をたくさん食…

商品レビュー

  1. 京都老舗のほうじ茶を堪能できる『黒ほうじ茶ティーバッグ』(京都利休園)

    京都利休園の『黒ほうじ茶ティーバッグ』をご紹介。京都老舗のほうじ茶をご自宅で味わえます。ティーバッグ…

話題の記事

  1. 薬草を煎じたり白湯をつくったりするときに便利な『亀甲土瓶2リットル』をご紹介!株式会社ウチダ和漢薬が…
  2. 食品添加物というと、健康被害の問題が注目されがちです。しかし、子どもたちの将来への影響も大きそうです…
  3. 箸は、毎日3回使うとすると、年間1095回(3回×365日)も使用している計算になります。そんな日本…

「食暮」について



ページ上部へ戻る