1日1杯! 体質&症状別『からだに効く100のスムージー』レシピで健康生活を送る

レシピ本

野菜や果物など、材料をミキサーで攪拌して完成!
食欲不振、野菜不足でお悩みの方にピッタリな本

野菜や果物の栄養を丸ごと摂取できるスムージー

ジューサーで作るジュースは繊維が取り除かれるのでサラサラですが、ミキサーはこさないので繊維が残ります。つまり、野菜や果物の栄養を丸ごと摂取できるのです。

しかも、野菜はサラダなど生で食べようと思うと、ボリュームがあって一度に沢山食べるのは難しいもの。ですが、ミキサーで細かくすれば、手軽に摂ることができます。しかも、細かいので消化吸収もいいと考えられています。スムージーは栄養を効率よく摂取したい人にオススメです。

スムージー作りの基本をマスターしよう!

スムージーは、ミキサーで攪拌するだけの簡単なものですが、コツやポイントを押さえるともっと気軽に美味しく作ることができます。ミキサーに入れるときは、葉物などの軽いものから入れる。牛乳などの水分は最後に加える。など8つのポイントが紹介されています。こうした基本を覚えておくと、オリジナルの組み合わせで自分だけのスムージーを作るときに役立ちます。

好きな食材を組み合わせることで、自分好みの味にできるのも手作りスムージーのいいところ。牛乳、豆乳の量や、はちみつでの甘さ調節。思い切った斬新な食材の組み合わせに挑戦することでスムージー生活がもっと楽しくなります。

自分の悩みに応じたレシピがきっと見つかる

本書掲載のストレス対策スムージー「パプリカ・キウイ・ヨーグルト」

腸をキレイにしたい、シミ・ソバカスが気になる、二日酔いでつらい、目が疲れる、血糖値が心配、カラダが冷える、生理痛を和らげたい……などなど体質改善スムージーが満載です。巻末にはスムージーづくりに使いやすい食材の解説も掲載されていて、今の自分にピッタリなレシピや食材が見つけやすい工夫も。ホットスムージーのレシピなら、冬でも飲めますよ。

◆「スムージー」の記事をもっと読む>>

裏話~ここだけの話~
妊娠初期のつわり、後期つわりのときにスムージーにお世話になりました。何か食べないとダメだけど、何が食べたいかわからない。食欲もない、でも何も食べないのも気持ち悪い……。という悪循環。疲れやすく料理する気力もなかったあの頃。スムージーは本当に簡単で、野菜や果物をたっぷり摂れるので助かりました。料理する元気がない人、忙しくて余裕がない人にオススメしたいです。(29歳・東京)

書籍情報

主婦・主夫の声

1,135 views

この記事は、主婦・主夫など家庭で家事を担当している方の体験談をもとに作成しています。「食暮」では、食卓のリアルな声をお届けするため、体験談を多数掲載しており...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。