オーストラリア・カプチーノ通りでカプチーノを飲もう!

世界グルメ旅

『世界グルメ旅』では、外国の食文化を紹介しています。
今回は、オーストラリアの『カプチーノ通り』を訪れた女性にお話を伺いました。

率直に旅の感想をお聞かせください。

いつか行ってみたいなぁ。と思っていたオーストラリアに行けたのが、うれしかったです! とにかく空が高くて広い。そう感じたのは、高層の建物が少ないからかもしれません。
私が訪れたのは、西海岸・パースのエリアです。自然が豊かで、のびのびとした雰囲気がとても居心地がよかったです。街に出ればデパートもあって、都会な一面もありました。

パースから少し電車に乗ると、フリーマントルという街に行くことができます。フリーマントルには『カプチーノ通り』という道があって、たくさんのカフェがありました。「カプチーノ通りでカプチーノを飲む」のが、旅の目的のひとつだったので、実現できてよかったです。

『カプチーノ通り』とは?

『カプチーノ通り』は、フリーマントル駅前のサウス・テラスの通称です。カフェが建ち並び、ゆったりとした街並みが魅力です。フリーマントルは、パースから電車で30分ほどにある港町で、観光地としても人気があります。

19世紀前半に開拓が始まってから現在まで、歴史的建造物を丁寧に保存し発展してきたそうです。だからこそ、独特の雰囲気が漂っているのかもしれません。カプチーノを片手に、のんびり街並みを眺めてきました。

日本と違うところはありましたか?

『ベビチーノ』をご存じですか? 私はオーストラリアに行って初めて知りました。日本では、提供しているお店はまだ少ないかもしれませんが、オーストラリアでは頻繁に見かけました。

ベビチーノは、ミルクにチョコパウダーをかけてコーヒーに見立てた ‘子ども用’ の飲み物です。一見、カプチーノに見えますが、一般的なカプチーノと比べれば、違いが分かりますよね。オーストラリアではコーヒー文化が根付いていて、大人だけでなく子どもも楽しめるようになっていました。

現地の食文化に触れるのはやっぱり楽しい! フリーマントルでなくとも、オーストラリアのいろんなエリアにカフェがあります。ぜひ、オーストラリアに行ったらコーヒー文化を体験してみてくださいね。

裏話~ここだけの話~
私は、紅茶やハーブティーを飲むことが多いですが、オーストラリアではコーヒーやカフェオレ、カプチーノを飲むようにしました。コーヒーの試飲も体験しましたし、コーヒーを満喫できてよかったです! 紅茶派の人も、ぜひコーヒーを味わってみてくださいね。(28歳・東京)

 

書籍情報

主婦・主夫の声

1,135 views

この記事は、主婦・主夫など家庭で家事を担当している方の体験談をもとに作成しています。「食暮」では、食卓のリアルな声をお届けするため、体験談を多数掲載しており...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。